腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

脊椎分離症と脊椎すべり症とは

腰痛で時々、脊椎分離症または脊椎すべり症という症状が見られることがあります。 まず、脊椎分離症とは、椎弓の一部が骨折を起こして分離した状態です。 椎骨は、おなか側の椎体と背中側の椎弓で成り立っています。 その椎弓は、上下にある椎弓とそれぞれ組み合わさって椎間関節を構成しています。 椎間関節の上関節突起と下関節突起の間が骨折して離れてしまうのが脊椎分離症です。 現在、脊椎分離症は、腰に負担がかかるスポーツを続けて行うと腰痛とともにストレスになり、疲労骨折を起こすと考えられています。 特に多いのが10代で、激しいスポーツをした人たちです。 腰痛になるのは、第4、5腰椎やその下の仙骨の間など下部腰椎がほとんどです。 さらに分離した部分が前方へすべり出してしまうことを脊椎すべり症といいます。 後ろにそる姿勢をとったり、長時間立ったり座ったりしていると痛みが出ます。 ただ、脊椎分離症だけの場合、必ず痛みを起こすとは限りません。 脊椎すべり症になると、重苦しい腰痛から、足の痛みやしびれ、坐骨神経痛をともなうことがあります。 さらにすべりが大きくなると腰部脊柱管狭窄症の症状が出ることもあるので注意が必要です。