腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰痛と脊柱管狭窄症の関係について

背骨を形成している椎骨は、おなか側にある椎体と背中側にある椎弓で構成されています。 さらに、椎体と椎弓の間には椎間孔があります。 そして、椎骨が積み重なることで椎間孔が管状になるのです。 これを「脊柱管」といいます。 この脊柱管には、脊髄と馬尾神経、神経根の3つが通っています。 脊柱管がなにかの理由があって異常に狭くなり、神経を圧迫して痛みが生じると脊柱管狭窄症です。 脊柱管狭窄症は腰痛ともとても深い関係にあります。 というのも、脊柱管狭窄症の原因としてあげられるのが、先天的なものをはじめ、脊椎すべり症、変形性腰椎症など。 ほかにも、動脈性閉塞のために下肢の血行不全が原因になるケースもあります。 昨今の高齢化社会になって増えている病気です。 この脊柱管狭窄症の主な症状としては、腰痛や足の痛み、しびれなどが見られます。 特にとてもはっきりわかるのが間欠跛行という歩き方です。 たとえば少し歩くだけで、足が痛んだりしびれたりして歩けなくなります。 でも、前かがみになって少し休んでいるとまた歩けるようになるという状態です。