腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰部脊柱管狭窄症の主な症状

脊柱管狭窄症では、腰痛や足の痛み、しびれが主な症状として見られます。 そして、脊柱管狭窄症で特徴的な症状が間欠跛行です。 独特な歩き方で、まず、少し歩くと足が痛んだりしびれたりして歩けなくなります。 でも、前かがみになって少し休むと、また歩けるようになるという状態です。 なぜかというと、前かがみになると脊柱管が広がるので楽になるからです。 そして、また歩けるようになるのです。 実は、動脈性閉塞でも同じ症状が見られます。 しかし、動脈性閉塞は血管の病気なので脊柱管狭窄症とはまったく違います。 動脈性閉塞は、前かがみの姿勢にならなくても少し休めば歩けるようになります。 ただし、馬尾神経が圧迫されている場合、残尿感や排便、排尿障害等の症状がが出ることもあります。 さて、腰痛を伴う脊柱管狭窄症の治療法はいろいろあります。 たとえば病院だと、エックス線検査やMRI検査などで脊柱管の状態を調べて脊柱管狭窄症か動脈性閉塞のどちらが原因かを診断するのが1つ。 もし脊柱管狭窄症の診断を受けると、薬物療法や神経ブロックで腰の痛みを取って血行を良くします。 さらに、コルセットも着けますが、通常より少し腰が曲がった状態で固定するのが特徴。 もし症状が改善しない場合、神経症状が強くて歩けない、排尿や排便障害があると手術をします。 手術では、狭くなった脊柱管の骨を削り、広げることで圧迫を取り除くわけです。