腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰痛と変形性腰椎症の症状

腰痛から悪化した変形性腰椎症は、主に椎間板の老化が原因で生じます。 椎間板は老化とともに弾力を失って背骨にかかる圧力でつぶれていきます。 そして椎骨の間が狭くなり、椎骨同士がぶつかり、椎間関節がすり減ります。 椎体のまわりには骨の増殖が起こって「骨棘」が形成されます。 この骨棘が神経を圧迫して痛みを起こすわけです。 変形性腰椎症は腰が重い、だるいなどの症状が主にみられます。 腰をそらせる、曲げるなどの動作をすると痛みが起こってきます。 たとえば朝起き上がる時や寝返りする時、動き始め、長時間立ち続け、坐り続けなどの動作でも痛みが生じます。 骨の変形の強さと痛みはほぼ関係ありません。 変形性腰椎症でも症状が出ない場合もあります。 一方、変形した背骨を支える筋肉が弱くなり、慢性的な腰痛やギックリ腰を起こすことがあります。 痛みが強い場合、消炎鎮痛剤や神経ブロックなどの薬物療法をします。 またコルセットを装用して牽引、温熱療法なども行います。 家で使い捨てカイロやタオルで腰を温めたり、体操などをしたりして痛みをやわらげます。 安静にしすぎて筋肉が弱まると症状が悪化するので腰をささえる腹筋や背筋をきたえる体操を毎日続けます。