腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

脊柱側弯症の症状と治療法

脊柱は通常、背面から見ると真っ直ぐになっています。 しかし、脊柱が左右にねじれ曲がってくる病気が「脊柱側弯症」です。 脊柱側弯症で最も多いのが「突発性側弯症」という症状です。 特に、成長期の子どもがよく発症します。 原因は不明なものの、男性より女性のほうが多いのが特徴です。 多くが、小学校や中学校などの健康診断で見つかります。 まるで腰痛のような脊柱側弯症で、自覚症状はありません。 もし、突発性側弯症だと、側弯が30〜50度程度の場合、矯正装置や矯正体操などで側弯を治します。 一方、50度以上になると、心臓や肺を圧迫するので手術を行います。 早期発見がよいにこしたことがありません。 たとえば、真っすぐ立って肩の高さや肩甲骨の高さが左右同じか、骨盤が傾いていないか、脇腹のラインで左右の差がないか、手のひらを合わせて腕をまっすぐ伸ばした状態でおじぎをした時に左右の背中の高さに差がないか。 以上のことをチェックすることで、腰痛、そして突発性側弯症の症状が出ていることを家庭で発見できることもあります。