腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腎兪のツボを押す治療法

腰痛のタイプや症状に応じて、指圧や鍼灸での治療を行います。 この中でどんな腰痛にも効果があるのが「腎兪」と呼ばれているツボです。 東洋医学で、腎兪は膀胱経の上にあるツボにあたります。 たとえば、腎兪を親指で押すと、左右の肋骨の下端に触れます。 そして、その肋骨の両下端を結んだ線が背骨とぶつかる交点、へその真裏から左右へ指幅2本分戻ったところが腎兪です。 腰痛の場合の治療法として、腎兪あたり押さえると骨のようなかたいしこりができています。 そして、腰痛の時にこぶしでたたく行為は腎兪のしこりをほぐすためです。 こぶしのとがったところが腎兪に当たるように、体に響くくらい少し強めにたたきます。左右1〜2分ずつ交互に1日2回以上行うのが理想的です。 腎兪をたたく治療でも腰痛への効果が弱い時はお灸がおすすめ。 米粒にたとえると約半分の量のもぐさをひねって円錐形にします。 そして、もぐさが倒れないよう底を少し湿らせて腎兪にのせて線香の火をつけます。 1日5〜7壮、毎日お灸をすえれば、しだいに腰痛もやわらいでくるはずです。