腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

冷え性に効く湧泉のツボ

土踏まずの「湧泉(ゆうせん)」は、冷え性の時に起こる腰痛のツボといわれています。 東洋医学で「腎は腰の腑」といわれ「腎」は腰と関係の深い臓器であるという考えがあります。 中高年に多い慢性腰痛は、腰が冷えてだるかったり重かったりといった症状を伴います。東洋医学ではこれらを「腎」の働きが衰えているととらえます。 この「腎」は泌尿器系の働きだけではありません。 ホルモン系や生殖器系などの働きも含んで、リンパ液、汗、胃液など体内の水分の総称である津液(しんえき)の調節をしています しかし、老化とともに「腎」の働きが弱まると津液の流れが悪くなり、足腰が冷えて腰痛になりやすくなります。 このような腰痛を治療するには「腎経(じんけい)」という経絡にあるツボを刺激して「腎」を元気をつけることです。 腎経は、足の裏にある「湧泉」というツボを始点として土踏まずの内へりを走って足の内側を上っていきます。 もし慢性腰痛で悩んでいるなら、この湧泉をこぶしでたたいたり強く押してもんだりします。 腎経の流れが改善されて痛みがきっと軽くなるでしょう。