腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

右側屈体操で背骨を治療

ほとんどの腰痛は、背骨がゆがんだことが原因です。 特に、背骨や骨盤の左右へのゆがみには、くれぐれも注意が必要です。 たとえば、右利きの場合、書類やノートなどをやや右上がりに置いてしまい、右肩が上がった姿勢で書いていませんか。 かばんを持つ時、中身が重くなるほど利き腕の右手で持って重心のバランスを取るために右肩を上げる姿勢になりがちです。 真っすぐなはずの背骨が右に凸になってゆがんでいます。 背骨がゆがむと、背骨をとり囲む筋肉が不自然な緊張を強いられ、こりや痛みを生じます。 腰痛の半数以上がこのような背骨の「右側弯」を伴っているといわれます。 腰痛になった場合、背骨を治療する方法として、右側屈体操があります。 両足を肩幅に開いて背筋を伸ばして立ち、左手を真上にあげて右手を腰に当てます。 そして、腰に当てた右手を支えにして口から息を吐きながら上体をゆっくり右側に曲げます。 深く曲げた位置で静止して3回深呼吸。2分かけて5回繰り返す体操です。 もし右側弯であれば、右側屈体操だけを行って左に曲げる必要はありません。 腰痛で毎日、右側屈体操を続けると、背骨や骨盤のゆがみが取れて腰の痛みが楽になるはずです。