腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

姿勢矯正体操で腰痛を防止する

慢性的な腰痛になる大きな原因が、姿勢の悪さです。 背骨はS字のようにゆるやかなカーブを描いていて、腰椎はやや前弯して、骨盤は前方に約30度傾いています。 悪い姿勢は、この自然な傾斜やカーブが崩れていることですが、腰痛を訴える人は腰椎の前弯や骨盤の前傾が強まっている場合が多いです。 そこでおすすめが、いすに座ったまま行う「姿勢矯正体操」。 姿勢を正して腰椎のゆがみを取る体操です。 特に体が硬かったり、筋肉や足の筋肉が衰えていると自覚していたりする人に効果があります。 姿勢矯正体操の1つが、胸そらしです。 縮んだ腰や背中の筋肉を伸ばすための体操で、いすに深く腰かけて両手を腰に当てて体を前に押し出すようにしながら胸を張って伸びをします。 また、姿勢矯正体操で、へそのぞきもおすすめ。 前方に傾きすぎた骨盤の傾斜を減らす体操です。 両足を肩幅よりもやや大きく開いておなかをへこませて背を丸め、おへそをのぞき込みます。 一方、膝かかえも姿勢矯正体操。 股関節の動きをやわらかくして腰椎の前弯を減らす体操で、片足の膝を両手でかかえてわきの下まで引き上げます。 さらに、上体おじぎでは、縮んだ筋肉を伸ばすため、いすに浅く腰かけて両腕を組み、足を肩幅よりもやや大きく開きます。