腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

慢性腰痛に効くヘソまわりのツボ

慢性腰痛に効くツボは、お腹にもあります。 まず、慢性腰痛の多くを占めるのが、背中から腰にかけての筋肉が緊張し過ぎたことよる筋肉性腰痛です。 そして、緊張した筋肉の血行が悪くなって疲労物質と呼ばれる老廃物がたまり、その刺激が鈍痛を起こします。 腰を守る筋肉の働きは、本来は背筋と腹筋が分担しています。 しかし、運動不足などによって腹筋がたるむと、背筋の負担が増えます。 腹筋を刺激して強化し、背筋とのバランスを回復すれば、慢性疲労は自然に解消するはずです。 この刺激に有効なのが「天枢(てんすう)」、「大巨(だいこ)」、「関元(かんげん)」という3つのおなかにあるツボです。 天枢と大巨は「胃経」という経路上にあり、天枢はおへその真横、左右に指幅2本分の位置にあります。 大巨は天枢より指幅2本分下にあります。 関元は「任脈」という体の前面の中心線上にあるツボで、おへそから指幅4本分真下にあります。 刺激はお灸がよく効きます。おなかのツボのいいところは、一人でもツボに正確にお灸をすえられるところです。たるんだおなかを突き出して歩くような姿勢のかたは、これらのツボ刺激を試してみてください。 慢性腰痛に効くヘソまわりのツボ、ぜひ試してみてください。