腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

睡眠での寝相が腰痛予防になる

睡眠中の寝相が、腰痛をやわらげる、予防するのをご存知でしょうか。 背骨は、腰のあたりでゆるやかに前弯して、骨盤は地面に対して30度ほど前傾しているのが自然です。 しかし、腰痛持ちの人は腰椎の前弯が強まって、骨盤の傾斜角度も大きくなっていることが多く見られます。 睡眠中に腰を休めるには、腰椎の前弯を取って、骨盤の傾斜を減らすのががポイントです。 たとえば、睡眠前などでうつぶせになって本を読む姿勢は、腰椎のそりが強まり骨盤の前傾も大きくなって腰にはよくない姿勢です。 そのまま寝て、睡眠しまうとさらに腰痛を悪化させることもあります。 逆に、あおむけになって背筋や両足を伸ばして寝たり、腰がだるいからと腰の下に枕やクッションを当てて寝たりするのも、腰椎のそりを強めるのでNGです。 腰痛の予防や解消にいいのは、脇腹を下にして横向きで寝る側臥位です。 しかも、膝を曲げて背中を丸めかげんに横になると、腰椎の前弯がとれて楽に休めます。 腰をいたわるので、腰痛を改善するのに最もおすすめです。