腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

ギックリ腰になった時の治療法

ギックリ腰は、突然鋭い痛みが起こって身動きが取れなくなる急性の腰痛です。 医学的には「突発性腰痛」といいます。 ギックリ腰の要因として、腰椎と腰椎の間に挟まる椎間板がつぶれかけている、腰椎の後ろ側にある小関節がはずれかけている、腰椎をつないでいる靭帯が伸びたり切れかかったりしているなどがあげられます。 そして、これらの椎間板や関節、靭帯を支配する神経は腰の筋肉にもつながっていて、ギックリ腰になると筋肉が強く緊張してケイレンを起こして身動きできなくなるわけです。 ギックリ腰は、1週間ほど安静にしていれば痛みが消えて自分で動けるようになります。 まず、ギックリ腰の治療法としては、足首をねんざした場合と同様、氷をビニール袋に入れたものや湿布薬を貼って患部を冷やします。 1〜2日続けると、筋肉のケイレンが取れて痛みが少し和らぎます。 その後、患部をあたため、腰の筋肉の血行をよくすると、痛みの原因になる炎症性物質が吸収されてさらに楽になります。 ただ以上のようなギックリ腰の応急治療だけではダメな場合もあります。 たとえば、ギックリ腰を起こした直後から尿が出なかったり便秘になったり。 また、麻痺が足の先から膝、腰へと上がって広がっている。 そして、足の親指やふくらはぎに力が入らない。 さらに、安静にしていてもどんどん悪化したり、少しも改善しなかったり。 救急車を呼ばないといけない腰痛、ギックリ腰に注意しましょう。