腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛

坐骨神経痛で最も多いのは椎間板ヘルニアです。 椎間板ヘルニアになると、もはや腰痛だけにとどまりません。 腰から太ももやふくらはぎ、足の裏など足まで痛みが及ぶと「坐骨神経痛」と呼ばれています。 たとえば、あおむけに寝て、膝を伸ばしたまま足を上げると、どんどん腰痛が強くなって70度まで上げることができなければ、坐骨神経痛です。 この坐骨神経は、腰椎から仙骨(せんこつ)までのそれぞれの椎骨の間、椎間孔(ついかんこう)から出る神経が集まって形成されている、人体最大の神経の束です。 およそ腰から臀部を抜けて下肢まで支配しています。 そして坐骨神経痛は、この椎間孔から出る神経の根元が圧迫されたり、炎症を起こしたりするとなる神経痛です。 どの神経がどの程度、障害を受けたかによって症状が異なります。 鈍い腰痛がずっと続く場合もあれば、ギックリ腰のように激しく痛み、足のしびれや反射の低下を伴うケースも見られます。 腰の神経は、それぞれ支配するエリアが決まっています。 症状が出た部位から、どの神経が障害を受けているかを知ることができます。 ともかく坐骨神経痛で最も多いのが椎間板ヘルニアなので、注意が必要です。