腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

高齢者に多い骨粗鬆症と骨折

日本は、高齢化社会を迎えています。 それと同時に最近、高齢者を中心に「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」という骨折をよく耳にします。 実は、この骨粗鬆症は、腰痛と関連して今、大きな社会問題になっています。 骨粗鬆症の推定患者数は1,000万人以上といわれています。 脊椎や大腿骨頸部 (けいぶ)の骨折が原因で寝たきりになった高齢者は現在約10万人、しかもその骨折の主な原因は骨粗鬆症とのことです。 骨粗鬆症とは、骨がもろくなって、身長が低くなったり、背中が丸くなったり、背中や腰痛を伴う病気です。 もし骨粗鬆症になると、つまずいて転ぶだけで簡単に太もものつけ根や手首を骨折します。 高齢者に多いのは、高齢であることに加えて、カルシウム不足、運動不足、ビタミンD不足などがあげられます。 特に、更年期を迎えた女性は、エストロゲンという女性ホルモンが不足して、カルシウムの量が減るため、男性に比べて骨粗鬆症を発症する率が高いといわれています。 女性で早い人だと、40代から始まります。 そして、年齢が上がるにつれて増え、高齢者に当たる80代女性だと3人に2人が骨粗鬆症にかかっているそうです。