腰痛,体操,ストレッチ,改善,解消

※腰痛で悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰痛症の主な原因と症状

腰痛症とはいったいどんな病気なのかというと、まず、腰痛のほとんどは、運動不足、ストレス、慢性疲労、悪い姿勢、肥満、弱い筋肉などが原因で起こります。 これらはすべて「腰痛症」といわれている症状です。 腰痛症は、かんたんに言えば、原因不明の症状なのです。 まず、腰の骨から来る症状ではまったくありません。 たとえば、X線写真を見ても腰に何の異常もありません。 また、内臓などのほかの要因もないのに腰痛になったというケースです。 最も腰痛症の症状が多く見られるのが、中腰の姿勢で仕事をする人、長時間すわり仕事をする人たちです。 腰痛症の原因としては、筋肉の疲労が積み重なったことで起こると考えられています。 さらに、背骨の筋肉が緊張するような姿勢を長時間とりつづけると、筋肉がかたくこわばってしまいウッ血して痛みを起こす、腰痛になってしまいます。 腰痛症は、慢性的な場合、腰が重かったりだるかったりといった症状が続きます。 また、腰が冷えたときも腰痛のひどい痛みが増して起こります。